top of page

コース+講習会

体験講習

digitalstage_0004-min_edited.jpg

通年コース

raod (deleted 9356e60fc23d144bf5a24354ce

夏期講習

himawari_edited.jpg

冬期講習+直前模試

Marksheet_edited.jpg

春期 体験講習会 無料 

リベラルアーツ大学を志すために:クリティカルに読む・考えるとは・・・
digitalstage_0004_edited-min.jpg

受験への「助走距離」は長いほど、より高くより遠くまで飛躍できるもの…。しかし、走り出す前にまず正すべきは、学びに向かう「フォーム」です。本講習会の目的は、リベラルアーツの歴史と精神を見つめ直し、リベラルアーツを志すとはそもそもどういうことなのか、あるべき「学びの姿勢」を確認します。無料の体験講習会ですが、レベルも内容も通年コースと同一です。英語リーディングでは、当塾の精読メソッド「英文のさばき方」をお教えします。

■日程:

・【高卒】03月18日(月)〜 03月22日(金)09:00 ~ 13:00  4H×5日=20H

・【現役】04月01日(月)〜 04月04日(木)09:00 ~ 13:00  4H×4日=16H 

■内容:

・リベラルアーツ概論:リベラルアーツとはそもそも何なのか、その歴史をひもときながら、日本の学校教育や受験勉強との違いを解説。リベラルアーツ大学を目指すための正しい心構えから、実践的な勉強方法まで。

・英文のさばき方:アカデミックなテキストを読み解くための精読精解スキルを、基本のキから教授。読み応えのあるハードなテキストで、めざすべき<高み>も確認。

・アカデミック・リスニング:キャンパスライフの必須表現から、ショートレクチャーの実践演習まで。

■対象/定員:現役+高卒+大学生(社会人:要事前相談):12名

​*原則として、初めて受講する方のみ(既習生は別途要相談)

■受講料:¥ 0

■申込金:¥ 1,000 (申込金​は明確な受講意思を確認するためのものです。事前にお振込いただきますが、受講終了時に全額、現金にて、返金いたします。

・連続性があるので、原則として、全日通して受講のこと(部分受講は要相談)

​・通年コース受講を希望の場合、本講習会の受講は、原則、必須

・現在の学力は不問。求められるのは、向学心と好奇心のみ。

■予習課題:初日は、予習不要。その後はクラス内で指示。

■持ち物​:筆記用具・英和辞書(できれば「紙の辞書」)・飲み物+軽食(必要に応じて)・スリッパ(教室内用)・ハンカチ(トイレ用)

■受講申込み:受講申込みフォーム​ 

【通年コース】リベラルアーツ・ゼミ:英語+α

入試を<超>えて、入試を<越>える。さらに先を、さらに遠くを、さらに上を見すえて…
raod (deleted 9356e60fc23d144bf5a24354ce

”傾向と対策”など説きません。”模試”も”合格判定”も行いません。もちろん”棒暗記”など一切させません。ようは”受験ベンキョウ”なるものは、まったく行いません。それでもICUや SFCをはじめとする、いわゆる”難関大”にほぼ全員が合格するのは、MILE の学びは、入試での”合格”ではなく、大学での”学び”に焦点を合わせ、<学ぶために学ぶ>ことを愚直に実践しているからに他なりません。レクチャー&ディスカッションがベースの少人数クラスは、大学レベルのリベラルアーツ教育を先取りする内容。アカデミックなリーディング&リスニングから批判的思考法まで、総合的に、かつ徹底的にトレーニングします。学問への王道は、優しくもなければ、易しくもなく、万人向きではないかも知れません。しかし真摯に叩く者にはその門戸は必ずや開かれ、歩むべき道はおのずと備えられるものです。現在の学力は問いません。ただし誠実さと勤勉さと謙遜さは絶対条件です。

■開講期間​:2024年4月〜2025年2月末

■授業日:

・【高卒】月〜金  08:30 ~ 13:30  + 土 15:00 ~ 20:00

・【現役】月〜金  18:00 ~ 21:00  + 土 15:00 ~ 20:00

■授業概要:英語リーディング+リスニング+人文社会+一般教養

■授業詳細:近日発表

■年間授業日程+受講料詳細:近日発表

■受講料:詳細は上掲PDFをご参照ください。

・割引:一括前納の場合

奨学支援:長期分割分納等、柔軟に応相談

■定員:高卒12名+現役12名

■最少開講人数:3名

■受講申込み期限:近日発表

■受講料振込み期限:近日発表

■初回授業:近日発表

予習:初回は不要 [2回目以降の予習は、授業内で指示]

受講申込み:申込みフォーム

夏期講習:オープンセミナー 無料

リベラルアーツとは。批判的思考とは。アカデミックな英文解釈とは。
himawari_edited-min.jpg

 他の塾や予備校と同様、当塾でもこれまで夏は例年、数週にわたり、有料の夏期講習を開講してきました。しかし本年度は、リベラルアーツの本意をあらためて実践的に確認したく、これまでとはコンセプトを変え無料のオープンセミナー(4H×5日=20H)して英文精読(=人文・社会+教養)の授業を開講することに致します。通年受講生はこれまでの学びをさらに深めるため、大学生OBG諸氏は<学びの原点>を確認するため、そして初めての方は当塾のリベラルアーツ・クラスを実際に体験するため、是非、このセミナーにご参加ください。よき Food for thoughtとなるような、味わい深く、栄養価が高く、歯応えのあるハードなテキストにじっくりと取り組みながら、リベラルアーツとは何か、批判的な思考とはどのような考え方なのか、あらためてご一緒に考えてみたく願っています。

■日程+時間:

・期間:8月14日(月)〜8月18日(金)

・時間:9:00〜13:00

■対象:​高校生[学年不問]+大学生+卒塾生OBG+社会人[要事前相談])

■定員:15名(8月1日段階 残席:0 名:キャンセル待ち要問合せ)

)+ OBG若干名

■予習テキスト:受講申込者に別途案内

■受講料:無料

■申込金(外部一般生のみ):¥1,000 (申込金​は明確な受講意思を確認するためのものです。事前にお振込いただきますが、受講終了時に全額、現金にて、返金いたします。

受講条件

*連続性があるので、原則として、全日通して受講のこと(部分受講は要相談)。

*通年コース受講を後期(9月〜)より受講希望の場合、本セミナーの受講は、原則、必須

*現在の学力は不問。求められるのは、向学心と好奇心のみ。ただし授業レベルは在塾生、卒塾生に合わせますので、初めての方は知的な刺激と負荷は強めにお感じになるかも知れません。大切なのは、授業に「ついていけるか否か」ではなく、「ついていきたいと願うか否か」です。

■受講申込み:受講申し込みフォーム

冬期講習:インテンシブ(少人数+集中講座)

入試直前だからこそ、フツウに学ぶ。淡々と、黙々と、コツコツと…
Marksheet_BW-min.jpg

入試本番を目前にして気が急き焦るこの時期だからこそ、MILE ではなおのこと、いつもと変わることなく、淡々、黙々、コツコツと、地味に、地道に、実直に、学びつづけます。6週間=36日間、月〜金は毎朝、まずは英語リスニング(ICU過去問+TOEFL)でウォームアップしてから、読み応えがあるハードなテキスト(精選ICU過去問+TOEFL)をゆっくり、しっかり、じっくりと読み解きます。土曜には人文・社会・総合教養系の模試演習も。受験を<超>える学びで受験を<越>える、そのための144時間です。

■日程

・冬期 TERM 01:2024年度分は後日発表

・​冬期 TERM 02:同上

・​冬期 TERM 03:同上

・冬期 TERM 04:同上

・​冬期 TERM 05:同上

・​冬期 TERM 06:同上

・補講・予備日 :同上

■時間

・月〜金 09:30 ~ 13:30 

・土   16:00 ~ 20:00

■日程表+時間割+受講料 PDF

■対象+定員​:​現役生+高卒生+社会人(要相談)=  4名±

■締切:定員埋まり次第(現在 残席:アリ)

■予習テキスト:別途案内

■受講条件

TERM 01 ~ 06 一括受講を原則とする。

​一部 TERM のみの受講は応相談(受講料は上掲PDFを要確認)

・外部一般生はTERM 01のみ体験的に受講可(TERM02以降も継続受講の場合はTERM01を含む一括受講料を振込み)

・日・時間単位の精算/減額は、原則、不可。

■受講申込み:

体験講習
通年コース
夏期講習
冬期講習

指導方針

英語リーディング:English for Liberal Arts: Reading

誠実に読む。正確に読む。精緻に読む。英文をさばき、知性を研ぎ、世界を拓く…

heburaigoBook_edited-min.jpg

入試を超えるため、大学で学ぶため、プロフェッショナルとして活躍するために必要なのは、あくまでも「セイ読力」。一言一句のゴマカシも、モレもなく、テキストを「正」確に、「精」緻に、そして「誠」実に読み解く力です。粗雑なナナメヨミや無理なソクドクでは、アカデミックな長文には歯が立ちません。主たるテキストはNY Times 紙や Newsweek 誌に掲載される記事や評論文ですが、時には「米独立宣言」「世界人権宣言」などの歴史文書をひもとくことも。でも、そのために欠かせないのはオーソドックスな構文解析と文法訳読。まずは​ MILE ならではの「英文のさばき方」から。

英語リスニング:English for Liberal Arts: Listening

TOEFLリスニングで鍛えるアカデミックなリスニング力 + 英語ニュースで知る現代世界。

Globe_BW_edited-min.jpg

アカデミックな英文が読めるようになったら、つぎの課題はアカデミックなレクチャーやディスカッションが聴いてわかること。大切なのは、慣れや勘、英会話やコミュニケーション力ではなく、適切なメソッドによって、じっくりと培われた「アカデミックなリスニング力」です。授業では主にTOEFL レベルのリスニング問題と、時事ニュースの聞き取りにに取り組みます。大学での勉学で活きるリスニング力をトレーニングします。

総合教養:リベラルアーツ概論
考える。もっと考える。ずっと考える。

アテネの学堂_edited-min.jpg

テキストを読み、そして人文・社会・自然科学的な視角から、分野横断的に考える ー これは、ごく常識的で正統的な学び方であり、これ以外の”勉強法”など他にあり得ません。もしこれが”ユニーク”に思えてしまうなら、大きく歪んでいるのは、いわゆる”フツウ”の勉強(はっきり言えばガッコウ教育と受験勉強)の方であると、当塾は考えています。読むに値する論考を読み、論じ、考える。このクラスの目的は、受験の枠の外で、ゆっくり、じっくり、しっかりとモノゴトを考えることにあります。

人文・社会科学:Humanities + Social Sciences 
読んで考え、書いて考え、論じて考える。

Septem-artes-liberales_Herrad-von-Landsb

当塾においては、テキストは受験教材や入試演習のために読むものではありません。このクラスの目的は、ひとことで言えば、テキストとの、そしてテキストを通しての「ダイアローグ」を重ねることにあります。テキストの筆者との「対話」、講師やクラスメイトとの「対話」・・・MILE の読解クラスは、日英を問わず、いつも、にぎやかです。カコモンに加えて、精選した新書(岩波、中公、ちくま等)を主教材にするのも 当塾ならではです。ドキュメンタリーやニュース映像も多用します。

bottom of page